肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、昨日とは違って、1日中騒がしかったようだ。

今朝6:45父から電話があった。「今、鳥鈴にいるけど、金が無くて払えんで、すぐきてくれ。」どうやら、目覚めてすぐのようだった。すぐには行けない、今日は昼ごろ妹が行く、と言うと、「すぐ!」と言う。今は鳥鈴じゃなくて病院にいるのだから落ち着いて、などと言っているうちに、看護師さんの声が聞こえてきた。それで安心したようで、電話が切れた。

昼過ぎに妹が行ったときは、自分が軍隊に入れられたと言っていたそうだ。また、アミーの子供は生きているけど、アミーは死んだと言って、泣いていたそうだ。

夜、7時半、病院の看護師さんから父の携帯で電話がかかってきた。父が私と話したがっているという。父に代わったら、「殺されそうだで、すぐ来てくれ。」呼吸が苦しそうだった。でもそばに看護師さんがいるのだから、またいつもの目覚めの幻覚か何かだろう。妙なことを言って看護師さんを困らせているに違いない。すぐには行けない。私が行かなくても、看護師さんがよくしてくれるからだいじょうぶでしょう、と言うと、「だいじょうぶじゃない!お前は親を殺す気か!」ときた。ずいぶん興奮しているようだ。どうやらまた自分がどこか危ないところにいると思い込んでいるようだ。昼間の軍隊かもしれない。今は病院にいるから、何も怖いことはないから、安心していい、明日行く、と言ってから、看護師さんに電話を代わって、と言ったら、おとなしく電話を渡したようだ。看護師さんは「興奮してみえてて、家族の方の声を聞くと安心するかもしれないと思って、電話をおかけしました。」と言った。確かにそれまでも、電話で私の声を聞くだけで安心して眠っていったことが何回かあった。看護師さんもたいへんだ。迷惑をかけていることを詫びておいた。

トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/89-1044ce38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。