肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、最初病院へ行くのは、5時に仕事が終わってからにしようと思っていたが、昨日のことがあるので、午前中に行った。ベッドに横になっていた。顔を出すと目を覚ました。「おっかしいな、ここは」また始まった。何がおかしいのかと尋ねたら、じっと考え込んで「わからん」と言った。そのうち「便がしたい」と言ったので、看護師さんを呼んでトイレへ連れて行ってもらった。父がトイレへ行っている間に、棚を見たら、オムツと尿漏れパッドがあと少ししかないので、売店へ買いに行った。売店から戻ってきたら、父はいつもの通り、車椅子でナースステーションにいた。いっしょに病室へ戻って、昨日電話してきたけど、よかったかと聞いたら、返事をしない。そこで、昨日2回私に電話したことを覚えているかと聞いたら、覚えていなかった。そして、家へ帰ると言う。家にいても家へ帰ると言っていたので、自分がどこにいるのかがわからなくなるのだ。認知症の特徴の一つだ。

昨日も今日も頭はおかしかったが、体調は悪くなさそうだった。咳も痰も家にいたときほどひどくはない。よかった。やはり病院の方が健康管理はきちんと、やってもらえる。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/08(火) 15:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/90-878c851d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。