肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど病院へ行こうとしていたときに、E病院から電話があった。11日に入院することになった。キャンセル待ちを入れてから約3週間。思ったより早かった。いよいよ最終段階になってしまうのだ。今の病院とお別れだ。とてもよくしていただいているだけに名残惜しい。

今日の父は、最初寝ていて、少し経って起きた。やはり起きた直後はいつも通り、妙な事を言っていたが、すぐに正常になった。なので、別の病院へ、緩和ケア病棟へ行くことを初めて話した。主治医や師長さんとも相談して、父にとってそれが一番いいことだと思う、と言った。父は、反対はしなかった。「緩和ケア」がわかっているのかどうか怪しいが、なんとなく自分の体のことはわかっていると思う。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/09(水) 15:38 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/91-f7f12c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。