肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院へ行く途中で、私の携帯に父から電話が入っていた。少し後で気がついたが、こちらからかけても、電話に出られるかどうか怪しいので、やめた。病院へ着き、父の顔を見たら、待ってました、という表情。ナースステーションの看護師さんたちが「よかったね、娘さん来て。」そして私の方を見て「お待ちかねでしたよ。」父が「早く部屋へ行こう」と言う。すぐに車椅子をひいて病室へ。すると「あれ?せっかく俺が用意しといたのに、どっかいっちゃった。」と言った。何のことかと思ったら「食事を用意した」と言う。私やその他病院へ来る人のためにだそうだ。「まんだ、魚焼かないかん。」とあせっていた。毎日、いろいろなことを頭の中でしているのだ。

退院の清算をした。普通は退院日に清算するが、明日出発が早いので前日になった。

主治医が来てくれた。「明日からゆっくりできる病院へ移るから、ゆっくりしてください。」とおっしゃると、父は「今後ともよろしくお願いします。」と言った。これでもう先生と会えないということがわかっていないようだ。最後だというのにちぐはぐになってしまった。でも、最近の父らしい受け答えだった。私も明日は先生に会えないかもしれないと思ったので、「長い間お世話になりました。」と言った。それ以上は泣きそうになって言えなかった。2年以上も本当にお世話になった。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/92-f996e1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。