肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、仕事へ向かう電車内で父から電話があった。今日は来るのかと言うので、今日は行けない、妹が夕方行くと言ったら、すぐに妹に電話したようだ。何時に来るかと。やはり寂しいようだ。

叔母(父の実の妹)が、病院の近くに住んでいて、さっそく今日行ってくれた。看護師さんに名前を言っておいたので、すぐに案内してくれたようだった。夜電話したら、思ったより元気だったので安心したと言った。近いから時々覗いてくれるそうだ。叔母の夫も2年前に同じ病院で亡くなっている。よくその叔母の名前も言っているので、父も会いたがっているようだ。子供の頃のことでも、父の頭に浮かんでいるのかもしれない。彼女も癌患者だ(だった?)が、大腸癌で3年前に手術で取り除き、現在は経過観察中だ。

妹が行った時は、ずっと咳をしていて苦しそうだったそうだ。夕方になると疲れも出て調子が悪いのかもしれない。病院にいるときに、妹から電話をもらったので、看護師さんに言って咳止めを処方してもらったほうがいいかもしれないと言っておいた。熱も少し出たようだった。父は腫瘍熱が絶えずあるので、ずっと解熱剤も投与されている。それでも熱が出てしまう時もある。今日は、テレビで好きな釣りの番組があって、けっこう見ていたそうだ。前の病院では最後の方はほとんどテレビを見なかった。それだけ元気になってきたのか、個室でイヤホンも無しで見れるので気楽なのか、あるいは無料だからか、なんにしても、いいことだ。

昨日書き忘れたが、父の病室には写真などを自由に貼ってもいいボードがある。昨日、さっそくアミーの写真を2枚貼っておいた。また、アミーを面会に連れて行ってもいいそうだ!ただし、他の病棟ではペットは禁止なので、普通に玄関から入ることはできない。前日までに申し出て、外の非常階段から、できるだけゲージに入れて、そっと持ち込むそうだ。父の病室内のみで、廊下などは禁止。よかった!父はもうアミーには会えないかと思っていた。そんな話を私が看護師さんとしていたら、父が、「アミーちゃん、かわいいよ。」と言った。そして、看護師さんが「吠えないですかね?」と聞いたとき、父は「吠えません。」と即答した。笑えた。連れてきて欲しいのだ。まったく吠えないわけではない。誰にでも吠え掛かるわけではないが、自分が気に入らない人が来ると吠える。また、びっくりすると吠えるし、人の気を引きたいときとか、遊んでほしいとき、物が欲しいときなどはやはり吠える。連れてきたとき、あまり吠えないといいが。

緩和ケア病棟(厚生労働省から「緩和ケア病棟」として承認を受けた施設の場合)は、医療費が定額制になっている。1日に37,800円×健康保険の自己負担率だ。うちは今は3割負担なので、1日に11,340円になる。ひと月で約34万円。かなり高額だ。患者1人に対するスタッフ数が普通の病棟よりかなり多い。それだけ手厚い医療、看護を受けられる。がんの終末期は、かなりの苦痛を伴うので、少しでもよく世話をしてくれる緩和ケア病棟の方がいいと思う。


トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/94-c397f3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。