肺がんの父をもっていた管理人です。がん発覚から死にいたるまでを書きました(2008年2月1日死亡)。また脳梗塞の母のことも少し書いていましたが、2008年9月2日、母に大きな変化がありました。そして、2009年6月25日亡くなりました。簡単ですが、その間のことも書きました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成人の日、午後病院へ。休日の病院は静かだ。

病室へ入ったら、ベッドの位置が変わっていた。左側が壁につけてあって、右側にはピタリとソファーベッド2つともくっつけてあった。その様子から夜中にベッドから降りてしまったことが伺える。目が覚めたとき、誰かがいて、だいじょうぶだと言うと安心してまた寝ていくが、誰もいないと不安になって動き回るのだ。やはりここでも同じで、看護師さんに迷惑をかけている。

叔母(父の実の妹)がまた来てくれていた。今日は従妹(叔母の娘)といっしょだった。従妹の職業は看護師。ナースステーションで爪切りを借りて、父の爪を切ってくれていた。実は私も爪が伸びているのが気になって今日爪切りを持ってきたところだった。従妹にやってもらって助かった。父は車椅子にいて、4人でデイルームで話した。最初父は静かだったが、しばらく経つと、咳と痰が出始めて止まらなくなった。静かにしていて、ボケたことを話している(今日はこれから飛行機に乗って、北京へ向かうと言っていた)と、まもなく死を迎える重病人には見えない。単なるボケ老人だ。しかし咳と痰が始まると、やはり末期肺癌患者だと思う。

部屋へ戻って少し経ったら、医師が来てくれた。咳と痰が多いので、それを減らすように薬を投与したり、水分の摂取の調整をしてくれているそうだ。水分については、通常ならやはり、痰が出るときは多めに摂取するが、肺癌が原因のときは、多く水分を取ると肺に水が溜まったりして、かえって苦しくなることもあるので、逆に摂取を抑えるそうだ。ただ、あまり抑えると痰が固まってしまうので、ほどほどにしないといけなくて、そのさじ加減が難しいようだ。様子を見ながら、とにかく1番苦しくないようにします、と言ってくれた。そうだ、それが「緩和ケア」だ。

咳と痰が収まったら、疲れたのか父は眠った。明日は来れない、明後日来ると言ったら肯いた。

帰るとき、他の病棟の廊下で、羽織袴姿を見た。今日初めて見た新成人だった。母親らしい人といっしょだった。父親か祖父母でも入院していて、晴れ姿を見せに来たのだろう。うちの姪も、時間があったら病院へ行くと言っていたが、どうしたのだろうか?元旦に見せているからいいが。

私が帰ってから、父から数回、携帯や家へ電話がかかってきた。特に何か話すわけではない。「俺だ」とだけ言って後は、聞こえない。話していないのか、話していて聞こえて来ないだけなのか、わからない。なんとなく小さな物音は聞こえるが。しかたがないので、どうかした?元気?看護師さんはいるの?など適当なことを言っては少し経って電話を切った。おそらくこちらの声が聞きたいだけなのだと思う。


トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://edi2006.blog80.fc2.com/tb.php/96-bd123139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。